先日心屋仁之助さんの

【「好きなこと」だけして生きていく。ガマンが人生を閉じ込める】

という本を読みました。

自分の本当に好きなことってなんだろうなぁ〜と悩んで買った本だったのですが、

「本当に好きなこととは?」「自分が人生をどのように生きたいか?」

という人生に於ける大切なテーマを考える上で今まで考えたことも無かったような新しい視点を与えてくれるような本でした。

 

ところで、

本を読み終えようとした時、著者略歴を読んでひっかかった一文がありました。

 

以下、心屋仁之助さんの略歴です。

<著者略歴>

心屋仁之助

心理カウンセラー。

大手企業の管理職として働いていたが、家族に起こった事件がきっかけとなり、心理療法を学び始める。それが原点となり、「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォームの匠」として活動。現在は京都を拠点として、全国各地でセミナー活動やカウンセリングスクールを運営。独自開発のその心理療法は、「本当に心がラクになる」と大評判。開業後わずか2年で毎月の予約がとりにくいほど大盛況となり、テレビ出演でも話題となる。

 

心屋仁之助さんの家族に起こった事件とは一体どんな事件だったのでしょうか? 

 

スポンサードリンク

家族に起こった事件の真相は!?

心屋仁之助さんは、本名は佐伯仁志さんという方で、

現在の心理カウンセラーの仕事を始める前までは新卒で入社した佐川急便で働かれていたそうです。

心屋さんは順調に出世し、当時の年収は1200万円ほどだったといいます。

一方で、心屋さんは相当厳しい人間だったようで、

常に部下のあらを探して怒鳴りつけるようないわゆる嫌な上司だったといいます。

その性格は会社から家庭に戻っても一緒だったようで、

「勉強していない」だの「ご飯がまずい」だのと家族を攻め立て、

そんな心屋さんの性格に嫌気がさした家族は崩壊していったそうです。

これが心屋さんの家族に起こった事件の真相です。

心理学を勉強して家族の関係を修復することができたというハッピーエンドを期待していたのですが、

現実には残念ながら心屋さんは心理カウンセラーとして起業したあとに当時の奥さんとは離婚されています。

 

最後に

心理カウンセラーと名乗っている心屋仁之助さんですが、

実は「臨床心理士」等の心理学に関する資格は一切保有していないようです。

それでもこれだけ多くの人の心に響く重みのある言葉を生み出せるのは

やはり自分が実際に「家族を崩壊させてしまう」というしんどい経験をされているからだと思います。 

 

下に私が今回読んだ心屋仁之助さんの

【「好きなこと」だけして生きていく。ガマンが人生を閉じ込める】

という本のリンクを張って置くので興味があるかたはぜひ読んで見てください!(^^)

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】「好きなこと」だけして生きていく。 [ 心屋仁之助 ]
価格:1,296円(税込、送料込)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!