剛力彩芽はなぜあんなにゴリ押しされていたのか? 

スクリーンショット 2015 05 13 13 36 19

剛力彩芽さんが干された理由の前に、
そもそもどうして剛力彩芽さんはあんなにも露骨にゴリ押しされていたのでしょうか?

 

剛力彩芽がゴリ押しされていた理由①:ギャラが安い

 

スクリーンショット 2015 05 13 13 37 56

剛力彩芽さんが事務所にゴリ押しされていた理由の一つにギャラの安さがありました。

こちらを御覧ください。

女性CMギャラランキング 2014年秋(週刊文春)

4000~4500 綾瀬はるか
3500~4000 新垣結衣 沢尻エリカ
3000~4000 北川景子 仲間由紀恵
3000~3500 井川遥 黒木瞳 柴咲コウ 松たか子 吉高由里子 小嶋陽菜 ローラ 藤原紀香
2500~3000 有村架純  杏 上戸彩 武井咲 前田敦子 満島ひかり 井上真央
1500~2000 剛力彩芽 ベッキー
*500~1000 芦田愛菜
***0~2500 江角マキコ
(単位は万円)
出典:文藝春秋(2014年10月16日号)  

剛力彩芽さんのランクはなんとベッキーと同列で、芦田愛菜ちゃんの一個上です。
同じオスカー事務所の上戸彩さんや武井咲さんと比べても500万円以上のギャラの差があります。
最近はなんでもかんでもコスト削減の時代なので、
CMにあんなにたくさん剛力彩芽さんが出演していたのはオスカーがコストの安い剛力彩芽さんをスポンサーサイドにプッシュしまくっていたからだと思われます。

 

剛力彩芽がゴリ押しされていた理由②:オスカーの必勝パターン?

剛力彩芽さんが所属する「オスカー事務所」はタレントをゴリ押しして売れるようにすることで有名です。
オスカー事務所では過去に、

  • 武井咲
  • 忽那汐里
  • 上戸彩
  • 米倉涼子 

 というそうそうたるメンバーをゴリ押しによって売れっ子タレントにしてきた実績があります。
それらの実績からオスカーが剛力彩芽さんをゴリ押しするのは「必勝パターン」といえるのかもしれません。
しかし、今回の剛力彩芽さんのように世間からのバッシングがモロにきてしまったのはオスカー事務所にとっても始めてのことだったのでしょう。

剛力彩芽が干された!?テレビから消えた衝撃の理由とは!?

スクリーンショット 2015 05 13 14 06 59

映画、ドラマ、CMと引っ張りだこでテレビで見ない日は無かったのではというほど
活躍していた剛力彩芽さんが干されてしまった原因とは一体何なのでしょうか?

 




スポンサードリンク



剛力彩芽が干された理由①:ドラマでの低視聴率

剛力彩芽さんが干されてしまった理由の1つに出演したドラマの低視聴率があると考えられます。 
事務所にゴリ押しされ数多くのドラマに出演していた剛力彩芽さんですが、
どの作品も明らかに「低視聴率」という結果になっていました。
特に剛力彩芽さんの最新主演ドラマである
『天使と悪魔—未解決事件匿名交渉課—』(テレ朝)では、
第1回放送の平均視聴率が6.4%という大惨敗を喫しています。
これには、
「ゴリ押ししていればいつか売れる日がくる!」
と信じてゴリ押しし続けけていたオスカー事務所もさすがに諦めたのではないでしょうか。

 

剛力彩芽が干された理由②:ネット上でのバッシングでノイローゼに!?

剛力彩芽さんはゴリ押しされていることをあまり良く思わない人々にネット上で 

  • かわいくない
  • 演技が下手
  • スタイルも微妙
  • 歌も下手
などと以前からバッシングを受けていました。
バッシングが原因かどうかはわかりませんが、
auのメインキャラクターも剛力彩芽さんから福士蒼汰さんに変更されています。
剛力彩芽さんはまじめな性格だそうで、
ネット上での心ない批判に、ノイローゼ気味になってしまったこともあるようで、
事務所は剛力彩芽さんに2ch閲覧禁止命令を出したようです。
最近メディアでの露出が少ないのはおそらくこのことが原因でしょう。 

バッシングされてしまったのは剛力彩芽さんにももちろん問題がありますが、
剛力彩芽さんをひたすらにゴリ押しすることで売ろうとした事務所側にも問題がありそうですね。
恋愛も押し引きの駆け引きが大事ですから、押されて押されての一方通行だと、
「ちょ、もういいから、やめて」ってやってしまうのが当然ですよね。
なんだか剛力彩芽さんが不憫に思えて仕方がありません。
個人的にはゴリ押しされていなければそこまで評判は悪くならなかったのではないかと思います。
剛力彩芽さんのゴリ押しではない自然復活に期待ですね!☆ 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

おまけ:剛力彩芽のすっぴん画像
 
 

スクリーンショット 2015 05 13 13 38 05