岩田剛典&高畑充希、胸キュン映画で主演 有川浩原作『植物図鑑』映画化

スクリーンショット 2015 07 09 9 57 34

 松竹は9日、有川浩氏の『植物図鑑』を、EXILE、三代目J Soul Brothersの岩田剛典と高畑充希主演で映画化すると発表した。

 有川氏は『図書館戦争』『フリーター、家を買う。』『空飛ぶ広報室』『阪急電車』『三匹のおっさん』など、数多くの作品が映像化されているベストセラー作家。本作は、OL・さやか(高畑)がある夜帰宅すると、マンションの前で生き倒れている一人の男・樹(岩田)を発見するところから始まる。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」という男は、さやかの家にいつくことになり、2人の同居生活がスタート。樹は意外にも料理上手で、フキの混ぜご飯やノビルのパスタなど、さやかの知らなかった野草の世界を教えてくれる日常が送られるが、名前しか知らない王子様には、実は隠された秘密があった、という物語。

 料理姿も披露する、女性にとってあこがれの王子様役を演じる岩田と、戸惑いながらも恋をすることで前向きに一歩を踏み出すOL役に挑む高畑は、初顔合わせ。フレッシュな主演2人が胸キュン満載の作品を送り出す。

 「自分が演じる樹は、純粋さとミステリアスなところを併せ持つキャラクターなので、原作に失礼の無いように丁寧に演じたいと思います」という岩田。撮影現場は、明るい雰囲気で楽しく撮影が進んでいるそうで「高畑充希さんはさやかのイメージそのままで、気さくで自然体な方なので、初日からリラックスして撮影に入ることができました。監督、スタッフの皆さんと力を合わせて、心ひとつに最高の作品にしたいと思っています。ぜひ完成を楽しみにしていてください」と意気込みを語った。

 一方高畑は「もしもおうちの前にすてきな男の子が落ちていたら…どうしよう、どうする?などと女性スタッフさんたちとキャッキャ妄想しながら、日々撮影に励んでいます。野草のように、あおくて爽やかでちょっぴり苦い、キラキラした恋愛映画になればと思います」とコメントを寄せている。

 原作者の有川氏は「大きな事件が起きない道草の物語を、大きな映画にしていただけることになりました。実現してくださったキャストさんスタッフさん、本当にありがとうございます」と述べた。さらに「先日撮影現場にお邪魔した際、作中にも登場するネジバナを見かけました。さやかと樹が料理して食べたイヌビユも。都会の片隅にも、宝物のような道草はたくさん生えています。この作品によって、たくさんの方が道草の楽しさに出合ってくださったらうれしいです」と期待を込めた。

出典:TVfanWeb

 

「男の子に美少女が落ちてくるなら女の子にもイケメンが落ちてきて何が悪い!」(角川書店)

出典:wikipedia

 

あの有川浩さんの原作『植物図鑑』を岩田剛典さんと高畑充希さんが主演で映画化されるようです!

岩田剛典さんのファンからはなんだか悲鳴が聞こえてきそうですね!笑

 

気になる「植物図鑑」の詳細なあらすじがこちらです!!

 

(ちょっと長いです!&ネタバレ注意です!)

 




スポンサードリンク



植物図鑑のあらすじ

ある冬の晩。終業後の飲み会から自宅マンションに帰ってきたさやかは、マンションの前で行き倒れている1人の男を見つける。所持金が尽き、困窮極まっていたその男は「拾ってください」「噛みません、躾のできた良い子です」と、さやかに一晩の寝床と食事を求めてきた。自分を捨て犬になぞらえたその物言いを面白がったさやかは、つい彼を部屋に上げてしまい、カップラーメンと風呂場を提供することにした。

翌朝鼻をくすぐる料理の匂いで目覚めたさやかは、使えるものはないと思っていた冷蔵庫の有り合わせだけで男が朝食を作っていたことと、その味に驚く。出て行こうとする男が惜しくなったさやかは、「行くあてがないなら、ここにいたらいい」と、無理矢理引き止める。条件は寝床の提供と生活費の管理権、それに家事全般をこなしてもらうこと。男は躊躇したものの、そもそも困窮していたことは確かだったこともあり、しばし考えてその提案を受けた。

男は「イツキ」と名乗ったが、それ以外は話してくれない。問い詰めることでイツキが去ってしまうことを想像してしまったさやかは、何も聞かなかった。

それからひと月が経ち、春先になった。イツキが近くのコンビニで平日深夜のアルバイトを始め、ふたりがルームシェアに慣れてきたころ、さやかは仕事のミスが重なりひどく荒れていた。見かねたイツキは「近所の河川敷を散歩しないか」とさやかを誘う。

イツキの「趣味」でもある野草採集のためであったが、都会っ子であったさやかには、それが新鮮に感じられた。自分で採取し、イツキが料理した、ふきのとうの天ぷらやふきの混ぜご飯、つくしの佃煮。自分の趣味につき合わせたことや、それが面白かったのかどうかを気にしていたイツキに、さやかはまた連れて行ってほしいとねだる。

普段の暮らしや狩りを通じて、さやかはイツキを意識していった。そうしてふたりは「週末の狩り」を重ねていく。

ある狩りの日、訪れた沢でさやかは転び、足首から下を冷えた沢の水に浸してしまう。イツキはとっさに自分が持っていたハンカチを差し出したが、そのハンカチは、野草採集のような外遊びを好むイツキには似合わない、ブランドもののこじゃれたハンカチだった。

バイト先でもらったと取り繕うイツキ。しかし、そんなハンカチを渡すのはたいてい女性で、しかも好意を持たれているのだと気付いてしまったさやかには、引っ掛かりが残る。たった1枚のハンカチ程度で揺らぐ想いと関係にいてもたってもいられなくなったさやかは、バイト中のイツキを訪ねた。ちょうど「ハンカチの送り主」とはち合わせてしまったさやかはふて、イツキに「帰る」とだけ告げて帰るが、追いかけてきたイツキと口げんかになり、関係をさらにこじれさせてしまう。

翌日、こじれてしまったままに仕事に出て、終業後の飲み会にも飛び入り参加したさやかだが、酔うと送り狼になるといわれる同僚と帰途に就くことになってしまう。最寄駅までついてきてもなお帰らない同僚を帰らせたのは、バイトを休み駅までさやかを迎えに来たイツキだった。

同僚との関係を問うイツキだが、さやかは突っぱね、その勢いでハンカチの送り主であるバイト先の女性店員に対する嫉妬とイツキに対する好意を吐露する。イツキも、良き同居人でいるために自分の気持ちを抑えるのはつらかったと好意を告げ、晴れてふたりは結ばれる。

幸せな日常を送るふたりであったが、あるとき「ごめん、またいつか。」という書き置きだけを残してイツキは姿を消す。

いつからか別れを予感してはいたさやかだが、「イツキ」という名前しか知らず、それでもいいと思っていたのにと、イツキを忘れることができない。イツキの残した「狩りの習慣」をなぞりながら、さやかはいつ戻るか知れないイツキを待ち続ける。

イツキが消えてから1年余りが経った、さやかがはじめてイツキを拾った日のような、冬の晩。イツキは帰ってきた。

泣いて詰るさやかに、イツキは自分のことを話す。生い立ち、自分の家族のこと、そこから逃げたこと。さやかといるのは幸せだったが、そのままではいられないと感じたこと。それらにかたをつけたこと。

そしてイツキは、さやかに結婚してほしいという。

さやかはそれを受け入れ、イツキがいない間のことをイツキに話し始めたところで、物語は終わる。

出典:wikipedia 

 

もうあらすじを読んだだけで胸がキュンキュンしますね!笑

 

主演に抜擢された岩田剛典さんと高畑充希さんは初めての顔合わせで、二人共映画は初主演となるようです!

2人の初々しくて「胸キュン」な演技が今から楽しみですね!(*´ڡ`●)

 

ちなみに映画の公開は2016年ということです〜! まだまだ先ですね。。。笑

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!