今井雅之さん死去 大腸がんで闘病も…容体急変、54歳

スクリーンショット 2015 05 28 9 53 45

大腸がんの末期であることを発表していた俳優で演出家の今井雅之(いまい・まさゆき)さんが28日午前3時5分、都内の病院で死去した。54歳だった。兵庫県出身。

 14年にがんが発覚し、緊急手術。54歳の誕生日となった15年4月21日にがんのため「THE WINDS OF GOD」の降板を発表。同30日に記者会見を開き、末期がんであることを明かしていた。所属事務所によると、治療・リハビリに励んできたが、容体が急変したという。本人の遺志により通夜・告別式は近親者のみの密葬で行い、後日「お別れの会」を開く。

 今井さんは高校卒業後、陸上自衛隊に入隊。戦車部隊に配属されるが、俳優になるため退職。86年に法政大卒業後、奈良橋陽子演出の舞台「MONKEY」で演劇デビューした。96年には映画「静かな生活」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

 お笑い芸人がタイムスリップして、太平洋戦争中の特攻隊員になる今井さんが作った戯曲「THE WINDS OF GOD」は88年から国内外で上演され、95年には映画化。98年に米ニューヨークでオフ・オフ・ブロードウェイ公演を成功させた。その後テレビドラマにもなり、06年には全編英語で再度映画化された。

出典:スポニチアネックス

先日、末期の大腸がんに侵されていることを告白した俳優の今井雅之さんが本日逝去されたようです。

 

今井雅之さんは、先月30日に主演舞台「THE WINDS OF GOD」の降板を報告するために

東京都内で記者会見を開いた際に、病状が「末期の大腸がんのステージ4」だと明かしていました。

舞台降板について質問された際に今井雅之さんは

「降りると決めた時、生きているのがつらいと思った。本当に悔しい」

などと涙ながらに語っておられました。

今井雅之さんにとって俳優であることは呼吸をしていることそのものだったのでしょう。

 

大腸がん’’ステージ4”とは!?原因は!?

今井雅之さんを犯した大腸がんステージ4とは一体どんな病気だったのでしょうか?

スクリーンショット 2015 05 28 10 12 21

 上の画像を見て頂くとわかりますが、ステージ4はがんの進行が最も進んだ状態で、

「ほかの臓器にも転移している」状態です。

癌の進行度は、癌がどのくらいの大きさになっているか、周辺のリンパ節にどれほど転移しているか、遠隔臓器への転移はあるか、の3つの要素で決められています。

出典:がんの進行度分類

今井雅之さんの大腸がんは相当な大きさになり、

他の臓器にも転移しており、最悪の状態で。

医師からは「余命3日」を宣告されていたという噂もあります。

がんは抗癌剤や手術によって回復を期待できる場合もありますが、

ステージ4になると治療の選択肢は かなり限定的なものになってしまうようです。

大腸がんになる原因は!?

スクリーンショット 2015 05 28 10 18 04

大腸がんの主な原因は「食生活」と 「タバコ」、「加齢」だそうです。

今井雅之さんが大の禁煙化で有名なのでタバコが原因ではなさそうです。

しかし、大腸がんは主に50代になると増える傾向があるようです。

今井雅之さんは54歳でしたのでちょうど患者が増えだす年齢になります。

動物性タンパク質の取り過ぎもがんの原因になるようなので、

もしかしたら今井雅之さんは肉中心の食生活を送っていた可能性もあります。

 

実はがんの発見が遅れていた!?

今井雅之さんは昨年、体調を崩して通院したところ、「腸の風邪」と診断されていたそうです。

しかし、一向に症状が良くならなかったので別の病院に検査をしにいったところ、

大腸に大きな腫瘍が複数発見され、ステージ4の末期がんと宣告されたようです。

医師からは、

「手術ができないほど悪化している」

と言われるほどだったといいます。

病院のお医者さんも人間なので100%正しく病気を発見できるわけではないので、

症状が良くならず心配な時は他の病院に行ってセカンドオピニオンをもらうことが大切でしょう。

 

今井雅之さんのご冥福をお祈りします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。