え?中村うさぎ氏が自殺未遂!?

スクリーンショット 2015 05 16 15 10 35

 

中村うさぎ氏 自殺未遂を告白 波紋広がる 

作家・中村うさぎ氏がSNSで「今日、死のうと思って」とドアノブで自殺を図り未遂に終わったことを告白。波紋が広がっている。うさぎ氏が自殺未遂を告白したのは15日のメールマガジン。ブログやツイッターでも全文ではないが、公開されており、ファンらから「自殺はやめてください」「自殺は考えないでください」などとやめて」などと悲痛なコメントが寄せられている。

 うさぎ氏は、「今日些細なことで荒れて、夫に八つ当たりしてしまい、そんな自分への嫌悪で本当に生きていくのが嫌になった。」ことで、ドアノブにタオルをひっかけて、2度、自殺を図ったことを明かし、「自分で死ぬのはなかなか難しい。覚悟が足りないのかもしれない。」などと自暴自棄につぶやいた。

 さらに「よく『若くて楽しかった頃に戻りたい』とか言う人がいるけど、そのたびに私は『でも、なんだかんだ言っても、今が一番充実してるかもな』なんて思ってた。だけど現在はさすがにそうは思えなくなり・・・。」と絶望感に襲われていることも記した。

 うさぎ氏の衝撃の告白に、ツイッターやブログには「私の友人は2月に自殺してしまいました。すごく悲しかったしなんとか出来なかったのか悔む日が続きました。うさぎさんお願いですから、自殺なんて考えないで下さい。」「自己嫌悪で死にたくなる気持ちは、なんとなく分かります。がしかし、貴女に死んで欲しくないと思う人は私以外にもたくさんいると思いますので少なくとも自殺はやめて下さい。」と悲痛な書き込みがあふれた。

 また、「自死は他人をとても傷つけますよ。もちろんそんなことわかっていながらのこととでしょうけど。(※中略)苦しみにあふれたくだらない人生をもうひと踏ん張り頑張ってもっともっとその苦しみやくだらなさを味わって、それを言葉に紡いでください。」と作家として文章を書くことで苦しみを乗り越えてほしいと訴える人もいた。

出典:livedoor news

中村さんの自殺を止めようと必死に勇気づけるファンのコメントが感動的ですね。 

中村うさぎさんといえば日本の小説家でエッセイストで、レギュラー番組『5時に夢中!』に出演していたことで有名でした。

しかし、今年に入ってうつ状態で他の仕事が手に付かないという理由で番組を降板していました。

仕事ができなくなってしまったことで収入も激減してしまったようですが、中村うさぎさんに一体なにがあったのでしょうか?

 

中村うさぎはスティッフパーソン症候群!?

スクリーンショット 2015 05 16 15 16 04どうやら中村うさぎさんが番組を降板したのは、

スティッフパーソン症候群という病気にかかっていたことが原因だったようです。

あまり聞き慣れない名前の「スティッフパーソン症候群」ですがどんな病気なのでしょうか?

スティッフパーソン症候群とは?100万人に1人ともされる難病?

スティッフパーソン症候群の症状は、

筋肉が硬直して痙攣を起こしたり、吐き気がしたり、

最悪のケースだと一時的に心配停止になってしまうこともあるようです。

治療方法が気になるところですが、

スティッフパーソン症候群は100万人に1人ともされる難病でいまの医学では完治させることはできないようです。

かなり珍しい難病のようですね。

中村うさぎさんが鬱になって自殺未遂を起こしてしまったのはおそらくこのスティッフパーソン症候群が原因だと思われます。

1人でこの病気に立ち向かうのは本当にしんどいと思うので、
周りに中村うさぎさんをサポートできる人がいるといいのですが。

中村うさぎさんいはしっかりと精神科に通ってうつを乗り越えてもらいたいですね。

またいつか元気な姿をテレビで見せてくれる日を待ちましょう!(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました!