小川菜摘の父が急死「わがままで生意気でごめんね」

小川菜摘

女優小川菜摘(52)の父親が23日に亡くなっていたことが26日、分かった。夫のダウンタウン浜田雅功(52)の義父にあたる。

 小川が自身のブログで26日夜、報告した。76歳で死因は急性心筋梗塞。通夜、告別式はすでに済ませたという。

 「突然過ぎてまだ気持ちがついていかず実感がありませんが、沢山のお花に囲まれ、華やかに送ってあげる事ができました」

 ブログによると、父親は母親と夕食後、テレビを見ている途中、トイレへ行こうと立とうとした時に倒れ、その後、すぐに救急搬送されたが、意識は戻らず、亡くなったという。

 父親は若いころサックス奏者で、小川が芸能界に入った15歳から熱心に応援してくれたという。「父のために、これからも笑顔で頑張ります!」とつづり「わがままで生意気な娘でごめんね。ずっと味方で居てくれてありがとう。たくさんの愛情をありがとう」と記した。

出典:日刊スポーツ

 

女優の小川菜摘さんの父親が急性心筋梗塞でお亡くなりになったようです。

 

まだ76歳という年齢での突然の死ということで小川菜摘さんのショックは相当大きかったことでしょう。

 

小川菜摘さんの父親が倒れることになった急性心筋梗塞は、

心臓に酸素や栄養素を送り込んでいる血管が詰まって起こってしまう病気のようです。

 

血管のがつまってしまうのは高血圧が原因なので、やはり普段から食生活に気を使ったり

体を動かしたりして予防しておくことが大切なのでしょう。

 

まだ気持ちの整理がついていないと言いながらも「これからも笑顔で頑張ります!」という小川菜摘さんの気持ちの前向きさはさすが多くの修羅場をくぐり抜けてきた女優さんですね。

 

きっとお亡くなりになったお父様も小川菜摘さんの今後の活躍をご覧になっていることでしょう。

 

最後に小川菜摘さんのお父様のご冥福をお祈りいたします。