元横綱北の湖親方が死去。62歳。

画像 4

大相撲の元横綱で日本相撲協会理事長、北の湖親方の小畑敏満(おばた・としみつ)さんが20日、福岡市内で死去した。62歳だった。

 北海道壮瞥町生まれ。中学1年だった1966年冬に上京し、三保ケ関部屋に入門。当時は認められていた中学生力士として67年初場所で初土俵を踏んだ。72年初場所に新入幕。74年名古屋場所後に21歳2カ月で横綱に昇進し、この最年少記録は、いまだに破られていない。ライバルの横綱輪島との熱戦はファンの声援を二分し、「輪湖(りんこ)時代」を築いた。優勝24度は白鵬、大鵬、千代の富士、朝青龍に次ぐ歴代5位。

 引退後は一代年寄が認められて北の湖部屋を創設し、2002年2月には日本相撲協会理事長に就任。08年に弟子の不祥事でいったんは辞任したが、12年に理事長に復帰すると協会の公益法人化を実現し、低迷していた観客数の増加にも尽力した。

出典:朝日新聞デジタル

元横綱として24回の優勝を果たし、引退後は日本相撲協会の理事長として活躍していた北の湖親方が先ほどお亡くなりになられたようです。

まだ62歳ということであまりに早すぎる死に多くのファンが悲しみのコメントを寄せています。

  • 子供の頃、横綱と言えば北の湖だった。強くて、ちょっと強面で。悲しいよ…>_<…
  • 北の湖理事長、亡くなったのか。。。この10年は心労に次ぐ心労だったもんな。見てられなかった。 どうぞ安らかに。合掌。
  • 憎らしいほど強かった。 名横綱だった北の湖理事長の御冥福を祈ります。
  • 北の湖理事長は北海道壮瞥町出身。小さいころから体格がよく、スポーツ万能だったようです。今場所では白鵬の猫だましで発言をしていただけに、突然すぎる訃報に信じられない気持ちでいっぱいです。
  •  北の湖理事長まじかよ今の相撲人気があるのも理事長の尽力があってこそだったのに…

 

ところで62歳という若さで失くなった死因は一体何だったのでしょうか?

北の湖親方の死因は『がん』だった!?

画像 6

先ほど30分ほど前にお亡くなりなられたという速報のニュースが飛び込んできた北の湖親方ですが、実は数時間前に病院に緊急搬送されていたことが関係者への取材で判明したようです。

北の湖親方は2013年の暮れに大腸ポリープを切除する手術のために入院していました。

死因についてはネットで様々な憶測が飛び交っていますがもっとも有力なのは、

直腸がん多臓器不全という説です。

まだ公式発表ではないので断定はできませんがもしかしたら末期の癌だったのかもしれません。

末期のがんになってまでも日本の相撲界に多大なる成果を残された北の湖親方のご冥福をお祈りいたします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。