映画「海街diary」(うみまちダイアリー)がカンヌ映画祭のコンペ出品へ!!

 

 

 

 

 

Screen Shot 2015 04 16 at 18 07 29

 

 

是枝監督『海街diary』カンヌ映画祭コンペ出品決定!

 

16日、『そして父になる』などで知られる是枝裕和監督の最新作『海街diary』が、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されることが決定した。同作は「マンガ大賞2013」を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写化した作品で、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが4姉妹にふんすることでも話題を呼んでいる。

 幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を家に迎え入れることになった姉妹が織り成す家族の絆を描いた本作。是枝監督作品としては、前作『そして父になる』以来2年ぶり、『DISTANCE/ディスタンス』(2001)、『誰も知らない』(2004)を含む4回目のカンヌ国際映画祭コンペ部門出品となる。

 是枝監督は「前作『そして父になる』が僕自身9年ぶりのコンペ出品だったので、今回また選ばれたことは、正直驚きでした。素直に嬉しいです」と喜びのコメント。「国際映画祭はゴールではなく、より多くの人々に映画を届ける為のスタートだと考えていますし、中でもカンヌはその出発点としては最高の場所だと思っています。四姉妹と一緒にその始まりを体感できたら、と思います。一見すると、穏やかな春の海のようなこの映画があの場所でどのように受け止められるのか? 今から楽しみです」と胸を膨らませた。(編集部・中山雄一朗)

各キャストのコメントは以下の通り。

<綾瀬はるか>
日本の海街、四季の美しさとそれに見守られるようにそれぞれに悩みを抱えながら、時にぶつかりながらも仲睦まじく暮らしている四姉妹の物語を海外のみなさんにも是非たくさん観て頂きたいです。

<長澤まさみ>
是枝監督の作品に呼んでいただけたこと、そして素敵なキャストのみなさんに出会えたことを嬉しく思っております。さらにその作品がカンヌのような映画祭でお披露目されることを大変光栄に思います。四人姉妹の物語を描いた「海街diary」を通して、海外のみなさんにも日本女性の美しさや強さを見てもらえると嬉しいです。

<夏帆>
カンヌ映画祭で海街diaryが上映されること、大変嬉しく、とても光栄に思っています。鎌倉の美しい四季の移ろいのなか、四姉妹を中心とした女性たちの物語を丁寧に描いた作品です。きっと国籍など関係なく、たくさんのひとに届く作品だと思います。カンヌのみなさんにも楽しんでいただけたら嬉しいです。

<広瀬すず>
自分が出演させて頂いた作品が、海外映画祭に招待されるというのは初めてのことなので、今、正直オドオドしています。こういった機会に、この作品がより多くの方に観て頂けるというのはすごくうれしい気持ちです。改めて、この作品に参加させて頂けて、本当に幸せです。

 

出典:シネマトゥデイ

 

 

あの大ヒットした映画「そして父になる」の監督を務めた「是枝裕和」監督の最新作ということで期待大ですね!

 

こちらが是枝監督の画像です。

 

Screen Shot 2015 04 16 at 18 12 15

 

 

キャストが豪華すぎ!!!

 

 

しかも4姉妹を、綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すずさん

 

の4人が演じるということでもう期待しかできないですね!笑

 

 

Screen Shot 2015 04 16 at 18 11 16

 

 

綾瀬はるかさんと長澤まさみさんは映画では初共演ということで

 

それだけでもものすごいことなのに、そこにならに実力派の夏帆さん、

 

現在話題にあがらない日はないほど人気急上昇中の広瀬すずさんが加わるということで、是枝監督の今回の作品に対する強い思い入れを感じます。

 

 

 

気になる『海街diary』のあらすじ・ストーリーは!?

 

みなさんが気になっているであろう『海街diary』のあらすじがこちらです。

 

 

鎌倉で暮らす三姉妹の元に、自分たちが幼い頃に離婚して家を出て行った父の訃報が届いた。次女・佳乃は15年以上会っていない父の死を特に何とも思えず、三女・千佳も父との思い出がほとんどなく、佳乃と同じ気持ちだった。それでも長女・幸の頼みで葬式に出るために山形へ赴いた佳乃と千佳は、そこで年齢の割にしっかりしている中学1年生の異母妹・すずと初めて出会う。
既に母も亡くしていたすずは父の再々婚相手の家族と暮らしていた。気丈だが感情を見せないすずに対し、葬儀の打ち合わせで会った亡父の妻は頼りなく、佳乃はすずの今後について安請け合いする亡父の妻に不信感を抱く。妹たちと違って記憶が確かな幸は父を許せず、夜勤を口実に欠席するつもりでいたが、妹からのメールで事情を知ると、徹夜を押して急行して葬式に出席する。葬式からの帰り、すずは幸から亡父のことで感謝の言葉をかけられ、堪えていた感情が爆発するように号泣した。幸はそんなすずに「鎌倉に来て一緒に暮らそう」と誘い、すずは快諾した。
そして、四十九日を済ませた翌週に、父を亡くした地を後にしたすずが鎌倉の異母姉たちが住む一軒家に引っ越してきた。異母妹を「四女」として迎えた香田家の新たな共同生活が始まる。
月日が流れ、鎌倉の生活に馴染んだすずの下を金沢から母の妹だという人が訪ねてくる。すずは不倫から始まった両親や自身の出生に関して負い目を感じており、特に自分の母の話題を香田家では避けていた。母の実家は自分達を嫌って縁を切ったと思い込んでいたため、叔母の訪問を受けても今更という気持ちが強かった。しかし、叔母から母とその実家の事情を聞き、家を捨てた母は許されないことで筋を通し、一主婦から夫である祖父の死を機に老舗を店を継いだ祖母は許さないことで筋を通したが、お互いを大切に思い合っていたことを知り、遺産相続の話し合いのために姉たちと金沢を訪れた際に伯父から亡母の振袖を贈られる。
更に月日が流れ、中学3年に進級したすずは高校進学について選択する立場になるが、普通の高校か、奨学金を貰える女子サッカーのある高校かを決められず迷っている状態であり、ヤスこと井上監督を介して打診のあった静岡の掛川学院からのオファーにも戸惑うばかり。また、幸、佳乃、千佳の恋愛模様も新たな局面を迎えていた。

出典:Wikipedia

 

 

あらすじを読むとなんだか「重たいストーリーなのかな?」

と思ってしまうのですが、

実際は4姉妹なやりとりがとても軽快で、クスっと笑えるようなシーンがたくさんあるようです。

 

Screen Shot 2015 04 16 at 18 22 35

 

ちなみにこちらが海街Diaryの相関図になります。

 

4姉妹のキャスティングも豪華ですが、

大竹しのぶさん、リリー・フランキーさんなど、豪華俳優陣も出演し、

しっかり脇を固めていますね!

 

 

是枝監督にはぜひパルム・ドール賞(最高賞)を獲得してもらいたいですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!