【悲報】加藤茶はパーキンソン症候群だった。

 

加藤茶 パーキンソン症候群だった

スクリーンショット 2015 05 11 19 20 13

タレントの加藤茶(72)と妻の綾菜さん(27)が11日、TBS系のバラエティー番組「私の何がイケないの?」に出演し、結婚が「財産目当て」とうわされることについて否定した。また、一時ささやかれた重病説について加藤は「パーキンソン症候群だった」と明かした。

 加藤は「財産ないのよオレ。仕事いっぱいやってたけど使ってたから。本当にないのよ」と驚く周囲に淡々と語った。

 「今までのギャラはどうしたのか」と問われると、「バツイチなんで別れた時に(前妻に渡した)。1人になって、死んでもいいやと思って使ってた」と銀座などで飲み歩いたことを明かした。

加藤はまた、綾菜さんが自身と結婚した理由を「保険金狙いとも言われる」と告白。これについて「オレは保険に入ってない」と話し、そのことも結婚前に綾菜さんに伝えたという。綾菜さんは「私と結婚する前に解約していた」と話した。
 また、昨年ささやかれた重病説について加藤は「一番調子が悪かった。ぼーっとしていて」と話し、綾菜さんは「ロケの前の日に手足が震えていた。旅のロケから帰ってきたらご飯も食べることができなかった」と振り返った。
 原因について加藤は「心臓が悪かったりして色んな薬を飲んでいた。その1つの薬が合わなかった」と話し、「パーキンソン症候群だった」と明かした。加藤が服用していた胃薬の中に合わない薬があったという。
 パーキンソン症候群とはパーキンソン病ではないものの、同じような症状がみられるものを指す。主な症状は手足や頭の震え、筋肉のこわばりなど。パーキンソン病との違いは安静時に震えがみられることが少ないことという。

出典:デイリースポーツ

 

加藤茶さんが番組で、以前からささやかれていた重病説に関して言及し、

「パーキンソン症候群」だったことを告白されたようです。

 

加藤茶がかかったパーキンソン症候群とは?

加藤茶さんがかかってしまった「パーキンソン症候群」とは一体どんな症状がでる病気なのでしょうか?

上記の記事には、パーキンソン症候群の症状として

主な症状は手足や頭の震え、筋肉のこわばりなど。

とありましたが、その他の症状として、

  • 認知症による顕著な記憶喪失
  • 特定の脳腫瘍により体の片側だけに生じるパーキンソン症候群
  • 多系統萎縮症による低血圧と排尿困難
  • 話し言葉や書き言葉による表現や理解ができない(失語症)、単純な作業を遂行できない(失行症)、ものの役割や機能を認識できない(失認症)など、皮質基底核変性症による障害
出典:メルクマニュアル医学百科

などの症状があるようです。

なんだか難しい言葉が並んでいますが、「記憶喪失」や「排尿困難」など、

かなり重い病気のような印象を受けますね。

しかし、パーキンソン症候群の更に上の段階にある、

パーキンソン病は脳神経系の病気の中でもっとも患者数が多いものの一つだそうで、

年齢を重ねると誰にでもかかる可能性があるそうです。

しかも、パーキンソン病にかかる原因はいまだに解明されていないということで、

現状ではどれだけたくさんの薬を飲んだとしても完治は難しいようです。

パーキンソン病にかかりそのまま放置すると10年後に約80%が死亡するという研究結果も

あるようですので、ひとえに加藤茶さんの体調が心配ですね。

 

加藤茶さんの妻、加藤綾菜さんの財産目当て説の真相は!?

 加藤茶さんの妻の加藤綾菜さんに関しては以前から、

「財産目当てでは!?」という世間からのバッシングが飛んでいましたが、

こちらに関しても加藤茶さんは番組内で、

「財産ないのよオレ。仕事いっぱいやってたけど使ってたから。本当にないのよ」 

「オレは保険に入ってない」

と反論したようです。

 

そもそも加藤綾菜さんの悪い噂が広まったのはこちらの動画がきっかけだったと記憶しています。

問題の動画がこちらです。(衝撃的ですので気をつけて御覧ください。)

 加藤茶が「ガーリックトーストの歌」を妻綾菜に無理やり歌わされる問題の動画

 

重病だったはずの加藤茶さんにこんなことを無理矢理やらせていたのでは、

「財産目当てでは?」と噂されても仕方がないような気もします。 

個人的には今回の加藤茶さんの「財産目当てではない」という反論さえも、

「妻の綾菜さんに言わされたのでは?」と疑問に思ってしまいます。

 

以前に加藤綾菜さんの良くない噂をまとめた記事も書いているので、

お時間がある方はこちらも御覧ください。

加藤茶の妻,加藤綾菜(26)がひどすぎる!wwwwwww

 

なにはともあれ加藤茶さんのパーキンソン症候群の症状が

一日でも早く良くなり、以前のような笑顔が見れることを願わずにはいれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スクリーンショット 2015 05 11 19 48 28