スクリーンショット 2015 03 19 8 09 36

 

先日成宮寛貴さんが約三年間出演した「相棒」を卒業されましたね。

 

こちらが元記事です。

 

水谷豊(62)主演のテレビ朝日系「相棒 シーズン13」が18日、最終回を迎え、成宮寛貴(32)が3代目相棒を卒業した。
 最終回は、水谷演じる杉下右京と、成宮演じる甲斐亨が、法の目をかいくぐる悪党に制裁を加える「ダークナイト」の捜査をめぐって対立する展開となった。ダークナイトが甲斐だと分かり逮捕され、相棒を組んでいた右京は無期限の停職処分になってしまった。
 成宮は12年のシーズン11初回から出演し約3年、相棒を務めてきた。これまで寺脇康文演じる亀山薫は警察を辞め海外へ、及川光博演じる神戸尊は警察庁に引き抜かれて、相棒を卒業した。
 成宮の卒業が発表された時、制作側は「これまでにない形での卒業」と話していたが、逮捕、卒業という予想外の結果となった。

出典:日刊スポーツ:成宮寛貴「これまでにない形」で3代目相棒を卒業

 

まさかの逮捕という形での卒業でしたね。

 

そんな成宮寛貴さんですが、「生い立ちが壮絶すぎる・・・」と話題のようです。

 

成宮寛貴の生い立ちが壮絶すぎ・・・

 

スクリーンショット 2015 03 19 8 19 29

 

さわやかでクールなイメージの成宮さんですが、実はかなりの苦労人のようです。

 

成宮寛貴の少年時代

 

  • 成宮さんがまだ幼い時に両親が離婚。
  • 母子家庭で育つが、お母さんが中学生の頃に他界
  • その後はおばあちゃんと弟と2人暮らし
  • おばあちゃんは年金暮らしで2人を養うのがやっと

 

 

幼いときに両親が離婚するだけでも精神的なダメージがかなり
大きいはずですが、中学校の時にお母さんが高いということで、並のショックではなかったでしょう。

 

 




スポンサードリンク



新宿二丁目時代

 

スクリーンショット 2015 03 19 8 37 28

 

おばあちゃんは年金暮らしで、貧乏だったこともあり、

成宮さんは高校に進学せずに新宿二丁目のゲイバーで働くようになります。

周りの友人は高校に進学していったでしょうから相当つらかったでしょう。

 

生活費を稼ぐためにゲイ(男が男に)を相手に
自ら体を売りながら稼いでいた。

と番組内で本人がカミングアウトしていた。

 

という情報がネット上にありましたが、真相はわかりません。

 

また、バイセクシャル・ゲイという疑惑もネット上で噂されていましたが、

新宿二丁目のゲイバーでバイトしていたせいでしょう。

 

弟を大学院まで進学させる!!

 

新宿の2丁目で働いていたのは弟を大学院に進学させるためでもあったようです。

 

大学に進学後に大学院にも進学となると、国公立大学でも授業料と下宿費用をあわせると、

1000万円は確実にかかると言われているので、

相当な金額が必要になったと思われます。

 

自分は中卒だったので弟にはちゃんと勉強させたいという思いがあったのではないでしょうか。

 

素晴らしい兄弟愛ですね。

 

成宮寛貴さんがかなりのイケメンなので、

弟さんもイケメンだろと画像を探してみたのですが、

やはり一般人なので発見できませんでした。

 

しかしイケメンであることは間違いないでしょう。

 

 

成宮寛貴さんが出演しているドラマをみると、

いつも「精神的に成熟していて落ち着いた雰囲気があるなぁ。」

と思って見ていたのですが、

その背景には壮絶な生い立ちがあったんですね。

 

これだけの生い立ちがあれば並大抵のことでは動じないですよね。

 

撮影現場などでは「周りにとても気を遣う優しい人」ということで、

ちゃんと人の気持ち、痛みがわかる人なのでしょう。

 

二丁目出身ということもカミングアウトしているようで、

過去を隠さずに正直に生きる姿勢はかっこよすぎます。

 

成宮さんは今後も間違いなく活躍の場を広げていくでしょう。

 

 

<おまけ・ananでの佐々木希とのキスショット>

 

スクリーンショット 2015 03 19 8 20 16

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!