カトパン、9月いっぱいでフジ退社…「めざまし」降板 フリー転身

スクリーンショット 2015 07 15 6 45 43

 「カトパン」の愛称で人気のフジテレビのエース、加藤綾子アナウンサー(30)が9月いっぱいで退社することが14日、分かった。フ転身後の所属先も、近く正式に決定する見通し。朝の顔として活躍した「めざましテレビ」は9月いっぱいで降板。永島優美アナ(23)が後任を務める。

 放送業界を代表するアナウンサーになった加藤アナが4月に30歳を迎えたのを機に、7年間勤めたフジテレビを退社することになった。09年からレギュラー出演する朝の看板番組「めざましテレビ」を9月いっぱいで降板するタイミングでのフリー転身となる。

 過去同局では高島彩アナ(36)や、中野美奈子アナ(35)らが30代前半で転身。その多くが寿退社で、結婚と関係なくフリーに転向する女子アナは最近では異例だ。

 なぜ、彼女は30歳になったタイミングで辞めるのか。加藤アナは08年に入社。受験した民放3社全てに合格し、同じアナウンサー志望者たちから「スーパー綾子」と呼ばれるなど、入社前から評判が高かった。同年10月から新人アナとしてトーク番組「カトパン」を担当。そこで視聴者の人気を得て以来、テレビ各局の女子アナの中で常にトップクラスの人気をキープ。09年から出演した「めざましテレビ」では、12年からメーンキャスターを務めてきた。

 同番組の出演は週5日で早朝。関係者は「毎朝3時すぎにスタジオ入り。しかも彼女はゴールデン帯のレギュラー番組があり、改編期には特番で司会を務めるのが定番化。心身ともに相当なプレッシャーの中で仕事をこなしてきた」と指摘する。一方で、看板アナとしての責任感は強く、自分を早くから抜てきしてくれた会社のためにも30歳までは懸命に働くと決めてきたという。

 昨年10月、「めざましテレビ」放送中に体調不良で途中退席。これを機に局側も加藤アナ自身も仕事のペースを考えるようになった中、「自分の新しい可能性を探ってみたいという思いもあって、30歳になった今年、フリーになることを決断した」(関係者)という。

 退社後の所属先については、人気俳優や歌手らが多数所属する大手芸能プロダクションが有力。早くから加藤アナに接触しており、近く正式決定する見通しだ。

出典:スポニチアネックス

カトパンこと加藤綾子さんが9月いっぱいで退社を決意していることが報じられました。

あの若々しいカトパンももう30歳なんですね〜。正直信じられません。笑

仕切りが上手で滑舌も良く、バラエティー番組から報道番組までこなしていた絶対的エースのカトパンが退社することはフジテレビにとって相当痛手になりそうです。

「めざましテレビ」は9月いっぱいで卒業するようですが、

「ホンマでっか!?TV」はフリーになってもそのまま司会を継続するようです。

 

カトパンが退社を決意した理由は多忙と年収!?

スクリーンショット 2015 07 15 6 54 36

それにしてもカトパンはどうして30歳というこの時期にフジテレビの退社を決意したのでしょうか?

調べてみるとどうもカトパンが退社したのには、「多忙」「年収」の2つの理由があったと考えられます。

一番の理由は働き過ぎ!?

カトパンがフジテレビの退社を決意した理由として多くの記事がカトパンの「多忙さ」「オーバーワーク」を挙げていました。

月曜日から金曜日の『めざましテレビ』を担当していたカトパンは、

毎日深夜1時に起きて3時までに会社入りというきついスケジュールをこなしてきたようです。

女子アナの中では朝の情報番組は1年やるだけでも頭がおかしくなると言われているにもかかわらず何年も「めざましテレビ」に出演し、

さらに『ホンマでっか!?TV』、『超潜入!リアルスコープハイパー』などのレギュラー番組にも多く出演していたカトパンの負担は相当なものだったでしょう。

実際に昨年10月には「めざましテレビ」の本番中に体調不良で途中退席してしまうという事態も起き、

それ以降フジテレビはカトパンのスケジュールを減らしていたようですが、

それでもカトパン頼みの番組は多く、30歳を迎えるカトパンにとっては負担だったことでしょう、

 

以前に、

 

『特番が重なった時なんて私は“ひとり27時間テレビ”をやっているようなもの。。』

 

と自虐的に話していたカトパン。

 

「自由な時間がほしい。」 

 

というのがフジテレビ退社を決意した一番の理由だったのでしょう。

  




スポンサードリンク



カトパンがフリーを決意したのはCM出演で年収を増やしたいから?

 

カトパンが退社を決めたもう一つの理由として年収が挙げられます。

 

フジテレビでのカトパンの年収は1300万円と言われており、

一般人からすると十分そうに思える金額ですが、

精神的にも肉体的にも負荷を抱え込んでいたカトパンにとっては

「これじゃワリに合わない。。。」

と考えていたようです。

 

一方で先にフジテレビを退職した先輩の高島彩さんはフリーになった今では推定年収2億円とも!

(年収のほとんどがCMのギャラで、カゴメが4000万円、サントリーが5000万円と言われています。)

 

「加藤アナは高島彩(33)をしのぐ逸材といわれている。もしフリーになれば、高島アナと互角以上のCMオファーが来ることは間違いありません。高島アナのCMギャラは、業界では3000万~5000万円といわれている。1本契約するだけで今の年収を大きく上回るし、3本なら年収1億円は固い。
 女子アナならではの清純なイメージに加え、加藤アナなら色気もあるので化粧品、家電から下着まで様々なCMがこなせるはず。実際、加藤アナにはフリーへの誘いが引きも切らないと聞いています」

出典:加藤綾子がフリーになりたい理由はCM出演

 

看板アナの流出を防ぐためにフジテレビは異例の人事でカトパンに年収3000万円を提示していたようですが、

CM1本に出演するだけで年収を超える潜在視聴率を持つカトパンをとめる理由にはならなかったようです。

 

女子アナが退職と聞くとまっさきに「寿退社」が浮かんだので、

まさかあのカトパンが電撃結婚か!?と思ったのですが、

今のところ結婚の予定はないようなので男性の皆さんは一安心ですね!笑

 

「自由な時間」「満足のいくお金」を手に入れたカトパンがフリーの女子アナとして

再び元気な姿でテレビに出演してくれる日が今から待ち遠しいですね!(^^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

スクリーンショット 2015 07 15 7 23 44